on line-1
ビデオ会議

Zoomについて

コロナ禍でリモート勤務が余儀なくされ、それが定着しようとしています。会議や打ち合わせにZoomなどビデオ会議アプリが欠かせないものとなっています。

そこで、台湾と日本を結んで私共の通訳者が間に入り会議を行うことが出来ます。このページにてZoomについての特徴を簡単にご紹介いたします。

1.音声や画像で相手と話ができる。

2.制限はあるものの無料で利用できる。

3.パソコンの画面が共有できる。

4.複数人で参加できる。

5.IDなどの交換が不要。

6.ホワイトボード機能がある。

7.チャット機能がある。

そこで、Zoomなどのツールを使って今まで滞っていた台湾との技術打合せ、商談などを弊社の通訳者を間に挟んでビデオ会議を行うことが可能です。

大幅にコスト削減が可能

台湾への出張費用(渡航費用や宿泊代など)の削減できるメリットはありますが、実際に相手に会って話が出来ないことや、現物を見ながらの打合せが出来ないなどのデメリットもあります。

Zoom使用時の注意点

1.極力周りの雑音を減らしてください。(Zoomはけっこう周りの音が入り込みます。)

2.背景にご注意(上はスーツで下はパジャマでは失礼ですし、お子さんの飛び込みにも注意して)

3.Zoomの通信環境は良い所で(通信が不安定ですとせっかくの商談がだいなし)

ご利用にはマイクやカメラ機能を内蔵したノートパソコンが便利です。

デスクトップパソコンですとウェブカメラ、マイク、スピーカーなどを準備する必要があります。

皆様のご利用をお待ちしています。

リモート通訳の実例

今回は台湾から輸入した機械の調子が悪いとのことでリモート通訳のご依頼を受けました。弊社より通訳者を機械納入先へ派遣し機械の運転状況(電圧、電流値、タイマー設定値など)を台湾のエンジニアに携帯電話のカメラ機能を使って見える形で伝えました。

結果はいくつかの調整を行った結果解決しました。

Zoom Logo

Zoomのサイトはこちら

Homeへ